役目を終えたパワーストーンの処理法
どんな石切れたら?一般的な価格なくなったとき

役目を終えたパワーストーンの処理法


パワーストーンは普通の石とは違います。
パワーストーンには役目があるのです。
それは、人間にパワーを与えるということです。

人間はパワーストーンに語りかけます。パワーストーンをじっと見つめて、パワーストーンと共鳴しようとします。
その結果、パワーストーンから波長を感じることができるようになれば成功です。

あとは、パワーストーンに対して、自分の願いを心のなかで伝えます。
その結果として、あなたはパワーストーンから素晴らしい力を得ることになるでしょう。パワーストーンから得た力によって様々なことが可能になるでしょう。

パワーストーンのおかげで願いが叶えられて、人生が豊かになった方は大勢いるのです。
このようなパワーストーンからの恩恵を受けるために常にパワーストーンを身につけている人がいます。
パワーストーンはエネルギーを人間に与えているので、それを補充する意味で浄化してあげる必要があります。

浄化をすることによって、パワーストーンはエネルギーを得ることができるのです。しかし、浄化をすれば必ずエネルギーが回復するとは限らないです。
パワーストーンがエネルギーを受け取ることができるのには限界があります。

何度も浄化をして、エネルギーを溜め込んでいると、やがてパワーストーンの効果がなくなってしまうことがあります。また、パワーストーンから十分にエネルギーを受けて、その効果を体験できた方は、もうパワーストーンを保つ必要がないということもあるでしょう。
そういった場合にはどうしたらよいのでしょうか。

パワーストーンを処理する必要があるのですが、それをゴミとして処分するのは躊躇する方が多いと思います。
やはり、今までずっとお世話になってきた物なのですから、きちんとした処理の方法を心がけたいと感じるのは普通のことです。
パワーストーンを処理するための方法としては、自然に帰してあげることが一番よいです。

土であっても海であっても良いので、そのまま置いておきましょう。
元々天然の石なので、自然に捨てたとしても問題はありません。
ただし、アクセサリーの紐などは予め外して石だけを自然に帰しましょう。